剪定・広島。植木剪定を広島・山口県岩国市で剪定。樹木内科・外科治療。芝・草刈り、環境活動を実施しています!
塩田剪庭園。広島・山口県で植木の剪定、樹木内科・外科治療、環境保全活動まで、自然を守るために活動しています。
樹木の医者が剪定した写真。剪定した写真(3)
   
 
  一部ですが、剪定した写真を紹介します
樹木の医者である塩田剪庭園代表・塩田が剪定した樹木の写真を紹介する3ページ目です。全ての剪定した写真は紹介し切れませんので、剪定した樹木の中の一部を紹介させていただきます。

また、個人情報を保護するため、写真の一部にモザイク処理や削除処理を行っていますがご了承ください。
 
1.クロガネモチ
クロガネモチ
【剪定前】
クロガネモチ

【剪定後】

「クロガネモチです。写真のクロガネモチは高さ3.6メートルほどです。

正しい剪定時期としては、春から5月ごろまでにしっかり剪定をして、秋以降は古葉むしりを中心とした剪定をすると良いでしょう。

ただ、クロガネモチは強い成長力を持ちます。
塩田剪庭園の施主様では「常にきれいにしてほしい」とのご要望が多いので、春と夏にしっかり剪定をして、秋以降に長く延びた枝を切り、同時に古葉を取る作業を実施して、きれいなクロガネモチに仕上げています」
2.ビワ
ビワ
「ビワです。写真は古葉むしりを行った後の写真です。
ビワは、年に数回の剪定が正しい方法です。
夏頃に、枝摘みをします。秋頃に古葉むしり、11月頃からは、適蕾(てきらい)という作業をします。適蕾はビワの実となる花芽の頭を切り落とす作業です。適蕾により、ビワの体力消耗を軽減させます。
3月頃に、芽かきという作業をします。芽かきは、ビワの実で不必要な部分を切り落として、残したビワの実に栄養がしっかりと届かせるようにします」
3.カイズカイブキ
カイズカイブキ
カイズカイブキ
「写真はカイズカイブキの段物です。
カイズカイブキは、刈り込みの剪定と手バサミによる枝抜きの剪定の2種類あります。
カイズカイブキの正しい剪定時期は、春にしっかり剪定して、夏から秋以降にわずかに剪定します。
もしくは、春にしっかり剪定をして、夏と、秋から冬にわずかに剪定をする合計年に3回剪定する場合があります。

よく、夏に薄くなるほど、刈り込む方がいますが、間違った剪定です。カイズカイブキを夏に深く刈り込んでしまうと、葉の先から枯れて茶色に変わりますので、暑い時期は、わずかに刈り込む程度が良いでしょう。

塩田剪庭園の場合、カイズカイブキは、年に3回の剪定を進めています。刈り込み・手バサミのいずれかは、施主様と現場の状況で判断して決めています」
4.ナンテン
ナンテン
「ナンテンです。
ナンテンの剪定は、春〜夏ごろにしっかり剪定をすると良いです。

塩田剪庭園の場合は、春〜夏ごろにナンテンの枝や葉の一つ一つをきれいに剪定します。秋から冬の間は、わずかに剪定する程度にします。

この剪定方法なら、ナンテンの実が多くならず、また少なくもならず、丁度良い量で実が付き、実の色を際立てます」
他にもいろいろ!
クロガネモチ、ビワ、カイズカイブキなど以外の植木も剪定しております。別のページで紹介しておりますので、ご覧になってください。
他にも剪定した樹木を紹介!
見積もり無料。剪定、草・芝刈り、畑作りなどのお問い合わせはこちら広島・山口県で植木剪定、芝・草刈り、樹木治療は塩田剪庭園へ!
このページの一番上へ



 
 
塩田剪庭園よりご挨拶
代表者ごあいさつ
代表者紹介
塩田剪庭園ホームページ
剪定した写真一部紹介
樹木の医者による剪定の写真一覧
写真の紹介(1)
写真の紹介(2)
写真の紹介(3)
写真の紹介(4)
写真の紹介(5)
写真の紹介(6)
 


 

広島・山口で植木・庭木の剪定、
消毒、樹木治療、ナラ枯れ対策、マツ保護、植栽は「塩田剪庭園」